おまとめローンは銀行系がオススメ

限度額のあまり大きくない契約内容の消費者金融系カードローンや、クレジットカードのキャッシング枠などで、キャッシングを複数社利用した場合、それぞれ各社への返済が重なり、返済額の合計も毎月多額になりがちです。限度額の小さなカードローンは、金利も高く設定されているものも多いですし、一般的なクレジットカードのキャッシング枠は、法定金利の上限である18%に設定されているものが多いです。返済を続けても、なかなか残高が減らず借金に苦しめられることもあります。

この状況ですと、収入に占めるキャッシングの返済額が大きく、生活費などが不足する為に、新たなキャッシングをしてしまうことに繋がり、借入残高は増える一方になってしまうリスクが高くなってしまいます。

そこでカードローンなどのキャッシング残高を、完済に向けて返済しやすくしてくれるものが、所謂おまとめローンと呼ばれるものです。複数社から利用のある残高を1つにまとめるのですから、限度額はより大きなものでなければなりません。消費者金融系カードローンでも、大きな限度額を得られれば、おまとめローンとすることは十分可能ではありますが、消費者金融系カードローンには、総量規制という貸金業法に基づく決まりがあり、年収の1/3以下までしかお金を貸し出すことが出来ないようになっているので難しいケースも出てきます。

総量規制は、1社毎に設定されるものではなく、消費者金融から借入している全ての金額を合算してのものとなる為、複数社から既に借入がある状況で新たに契約する場合、おまとめに使える程の大きな限度額を得られないことが考えられるからです。それに代わって、総量規制の対象とならず、おまとめローンに適した大きな限度額を設定することも可能なのが、銀行系カードローンです。ある程度の収入が安定している方でしたら、200万円・300万円などを限度額とすることは十分可能です。200万円までの契約には、収入証明を不要としている金融機関も多く見られます。

また、消費者金融系・銀行系双方に言えることですが、限度額か大きくなる程、金利も低くなる傾向にあります。限度額が大きな、金利を低く抑える銀行系カードローンの契約をすることにより、返済が1本化され完済に向けての返済がしやすくなるのです。おまとめローンを考えるなら、総量規制の対象外で限度額を大きく設定出来る、銀行系カードローンがオススメです。