キャッシングによる信用情報への影響

キャッシングとは、クレジットカードやキャッシュカードを使って、銀行ATMなどを使って簡単にお金を借りることができるサービスです。あらかじめキャッシング機能がついたクレジットカードを作っておけば、困ったときに、面倒な手続きをしなくても気軽にお金を借りることができます。

気軽にお金を借りることができることは、かなりのメリットではありますが、同時にそれなりのデメリットもでてきます。それは信用情報への登録です。クレジットカードのショッピング履歴やキャッシングの履歴などは、信用情報機関により、個人の信用情報へ登録されます。

クレジットカード会社や、銀行などは新たにクレジットカードを作成する際や、ローンを組むときには、信用情報を確認し問題ないのかを確認して取引を開始します。その際に、延滞などの事故情報が発覚すると、手続きが出来なくなる恐れがあります。その為、住宅ローンなどの信用取引をする予定がある場合は、あまりキャッシングを利用しない方がいいだとか、キャッシング残高がある場合には、できる限り返済した状態でローンを申し込んだ方が良いと言われています。

そこで気になるのが一度登録された信用情報はどれくらい有効なものかと言うことです。一般的には、一定期間が過ぎれば情報が消えると言われていますが、延滞などの事故情報は、5年は消えないと言われていますので将来ローンを組む予定がある方はくれぐれも延滞などは起こさないように気をつけて、キャッシングを使わなければなりません。便利なものには注意しなければならないこともあります。

クレジットカード注意点:クレジットカードの利用上の注意点に関して詳しく知りたい方はこちらが参考になります。