消費者金融の審査が不利になる原因

消費者金融は審査が即日の回答なので誰でも可決されるというイメージを持っているという人も少なくないでしょう。しかしそれは大きな間違いで消費者金融の審査も人によっては否決される事もあります。そこで消費者金融の審査が不利になる原因を見ていく事にしましょう。

消費者金融の審査では返済能力があるかを重視するので収入が安定していないと不利になってしまいますが、信用に関してもかなり重視する傾向があるので信用情報が原因で不利になってしまう事もあります。

消費者金融の審査では信用情報機関で管理されている信用情報を確認する事になっています。信用情報には以前キャッシングをした事があれば履歴が残っていてしっかり返済していれば実績になって審査も有利になります。しかし滞納しているなど金融事故を起こしてしまった履歴が残っていると信用出来なくなってしまい審査が不利になります。過去に金融事故を起こしている人は審査が不利になって否決されてしまう可能性が高いです。

消費者金融の審査では他社からの借入金額もしっかり確認します。それで他社からの借り入れがない場合は審査も有利になりますが、ある場合は総量規制に引っかかる可能性があるので不利になってしまいます。他社からの借り入れがある時は消費者金融の審査が不利になる事が多いので注意しましょう。