複数からキャッシングをする場合のトラブルと解決法

消費者金融からお金を借りるなら、ネットから申込みが出来てその日に借入まで出来る場合があるので、申込みも借入もしやすくて便利ですが、複数の金融機関から借入を行なう場合、起こり得るトラブルがあるので注意をしなければなりません。

まず、同じ時期に複数の消費者金融に申込みを行なうと、審査に通らない場合があります。実際消費者金融に借入の申込みを行なうと、申込みを行なうだけで信用情報機関に申込情報という信用情報が載ってしまいます。そして、次に申し込みを行なった金融機関がこの申込情報をチェックするので、とりあえず何処かから借りれたら良いとか、多くの金額を借りたいからであるとかの理由で同じような期間に申込みを行なうと、すでに申し込みを他社で行なっているということで、審査が通り難くなってしまいます。ただこの場合に記録される信用情報は6ヶ月程なので、もし更に借入を新規に行いたい場合は、申込みを行ってから時間を空けることで、このトラブルを回避することが出来ます。

そして、複数の消費者金融から借入が出来るようになった場合、返済日が同じであればいいのですがそれぞれ違う場合があります。返済日までに口座に入金する必要があるのですが、忙しかったり忘れていたりで、返済日までに入金をすることが出来ないことがあります。

もし返済日までに返済出来ていなければ、遅延損害金の支払いを余分に行なわなければならなくなってしまいます。遅延損害金の利率は消費者金融の場合で1日20%ほどとなり、返済日を過ぎてからの日数分の遅延損害金を次の支払日の支払い金額に加算されるかたちで要求されるので、場合によっては返済額が負担になることもあります。このようなことにならないようにするために、返済日を知らせるメール登録などのサービスを利用するなどをして、確実に返済していくようにすることでこのトラブルを回避することが出来ます。

そして、複数の借入先をひとつに纏めようとしたときに、ひとつにまとめる事が出来ない場合があります。借入先が2・3社の金融機関であればひとつにまとめることが出来るのですが、4社以上ある場合は審査を通り難くなってしまうので、方法としては最初に3社までのおまとめローンに切り換えて、半年以降に残りをまとめるというような方法をとることで、このトラブルを回避する事が可能となります。